乳液の役割

  • HOME
  • 乳液の役割とは?

乳液の役割とは?

乳液には、化粧水で潤した肌の水分蒸発を防ぐため、また美容液で補給した肌の栄養分を肌の奥にまでしみこませるため、油分でフタをして潤いを逃がさないようにするという役割があります。

特に乾燥肌だと保湿力に優れた化粧水を使っていても、なかなか水分が肌の奥に留まらず、時間がたつにつれてかさつきが気になるという人もいるでしょう。

乳液を使用することで、一度肌にしみ込んだ保湿成分や美容成分が外に逃げず、肌の奥で効果を発揮するのでかさつきも解消されます。

しかし、乳液の油分が毛穴を防ぐことで毛穴が詰まりやすくなって、乳液を使うことで逆に脂性肌の人だとにきびや吹き出物がでる場合もあるので、使用量に注意が必要です。

ただにきびができるからといって乳液を使用しないと、化粧水をつけた肌からどんどん水分が失われ、水分の蒸発を防ごうとして更に皮脂が過剰に分泌されにきびができやすくなるという悪循環を招くことにもなります。

乳液によっては含まれる油分の量が異なるものがあるので、かさつきが気になる人なら油分の多いもの、にきびができやすい人なら油分の少ないさっぱりしたものを選ぶとよいでしょう。

そして乳液によって肌に潤い成分や美容成分が長時間留まることで、角質が強化され肌のバリア機能も高まるので肌荒れしにくくなります。

また、乳液には角質を柔らかくして肌のきめを整える役割もあるので、肌のくすみが気になる人にも効果的です。こうしてみると、普段何気なく使っている乳液には様々な役割があることがよくわかりますね。