乳液の成分を詳しく

  • HOME
  • 乳液の成分を詳しく

乳液の成分を詳しく

乳液には何が入っている?
平均的にみると・・・

乳液には、主に水分と全体量の1割から3割程度の油分、油分と水分を融合させるための乳化剤に保湿成分や美白成分、香料や防腐剤などが成分として含まれています。

UV関連成分

また日焼け止め効果のあるUV乳液には、紫外線の吸収を抑える紫外線吸収剤や、紫外線散乱剤が使われている場合もあります。

油分

油分には石油や鉱物油などを原料に化学的な化合によって作られたものと、ホホバオイルやツバキオイル、オリーブオイルやスクワランといった植物由来の原料から作られたものがあります。

乳化剤

また乳化剤にも、化学的に作られたPCAオレイン酸グリセリルやイソステアリルグリセリルなどの合成界面活性剤と、ポリソルベート20や植物性乳化ワックスなど植物から作られているものがあります。

保湿成分

他にも保湿成分として、セラミドやユーカリ、コラーゲンやヒアルロン酸などが使われている乳液もあります。更に、美白成分としてビタミンC誘導体やアルブチンなどが含まれているものもあります。

選ぶ時は成分もしっかりチェックしよう

乳液を選ぶ際は、成分表示をきちんと確認し肌に優しい植物由来成分を含んだもの、香料などの添加物が含まれていないものを選ぶと肌トラブルも起こりにくいのでおすすめです。

また乳液によって含まれる油分の量が違うので、自分の肌にあったものを選ぶことが大切です。UV乳液を選ぶ際は、特に肌に刺激を与え肌荒れしやすい紫外線吸収剤を含まないもので、日焼けにより水分が蒸発しやすくなった肌の潤いをしっかりとどめるために保湿成分がたっぷり入った商品を選ぶようにしましょう。

 

化粧水も乳液も付けずにコレ一本でOK!!

メディプラスゲルお試しの口コミ
オールインワンゲルのメディプラスゲルが気になっていたので注文して使ってみました。洗顔後は、化粧水も乳液も要らずこれ一本でいいって言うけど、本当にそんなに保湿効果があるの?私の使った結果は?
www.mediplus-review.com/